Entries

孤独の番人






「B4 アクリル 鉛筆」

朝、目が覚めると孤独の番人が立っていた。
海の底の砂に足を突き刺して動かない

隣では指を絡ませた花が呑気に唄っている。

私は今までどうやって乗り越えてきたのかを、眠い頭で思い出そうとする。

番人への、メッセージを、泡に詰めて落としてみる
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tanpopoou.blog15.fc2.com/tb.php/440-4860ca46

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

tanpopoou

Author:tanpopoou
わたなべいくこ (ikuko watanabe)
絵描き、時々布作家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR