FC2ブログ

Entries

熊谷幸治さんの土器の展示



ショップ側の入り口から入ると、ギャラリーの近く韮山の土を使った土器が並びます。
土器の材料は何処にでもある!というのが魅力の一つです。



ギャラリーの中にある小さな小屋の窓から覗く、お面や小さく不思議な生き物達



小屋の中では大きな壺が、存在感をもって佇んでいます。



色の違う三つの器、全て土器です。
真ん中の黒いのなんか、碁石のようにピカピカで、表現の幅の広さを感じます。





ロクロで成型して布で磨いたもの。泥だんごのように、光る、光る、
ハマる作業、
やってみたい。



二階へ上がると沢山の器!器!器!
女木島での制作映像が、レキシの土器の歌と共に。


二階の奥のスペースに行く廊下には向かい合う二つのお面。
鳥居をくぐるような気持ちで通りました。



そのさきにあるもの



ショップにもたくさんあります。

熊谷さんの土器は、いつも創る楽しみに満ちていて、人間誰もが持っている、ワクワクをおもいださせてくれます。
かくありたいなーと、我にかえるような。

私も韮山の土のお皿を一枚買いました。
軽くてまだ土みたい、ほこほこしたかわやつ。

壊れても粉々にして粘土を二割くらいまぜて、二時間くらい燃やせばまたお皿に出来ちゃうとの事。

熊谷さんは土が気づかぬ内にそっとお皿にしてしまうそう。そのエネルギーを損なわぬよう、自分が素材より引いでないよう。



お皿にされた土は、我が家のテーブルの上でまだ呑気に鼻歌歌ってるみたいだ。



✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

こちらの展示は私の絵の展示と同時開催されています。
26日まで伊豆の国市のギャラリーnoir/NOKTAです。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tanpopoou.blog15.fc2.com/tb.php/742-66771bb3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

tanpopoou

Author:tanpopoou
わたなべいくこ (ikuko watanabe)
絵描き、時々布作家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR