Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tanpopoou.blog15.fc2.com/tb.php/883-f3ed4cd7

トラックバック

コメント

[C86]

よい絵です。
もっと前向きに生きていこう、
そんな気持ちになってきます。

[C87] Re:

ありがとうございます。嬉しいです。
  • 2015-06-24 08:37
  • わたなべいくこ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お馬のゆりかご







「50号キャンバス アクリル絵の具」

こんな大きなキャンバスに絵を描いたのは、生まれてはじめてだ。
子供の頃から持ち続けていた憧れを叶えようと、一大決心をして、このキャンバスを買ったのは、三年前だった。
それからずっと、描けずにいた。

美術館で、大きなキャンバスに描かれた筆あとを見ると、体が喜びで震える。
このキャンバスに向き合い、筆を走らせ続けた時間に思いを馳せ、憧れた。
私もこんな風に大きなキャンバスに描けたらいいな、それが私の夢だった。
でも、描いていると途中で他のイメージに心が捕らわれてしまったり、描いているものが恐ろしく下らなく思え、いたたまれなくなって描くのをやめてしまう。
紙ならいいけど、キャンバスなんて、私の下らない絵には贅沢すぎる。そんな思いに勝てなかった。

絶え間なく訪れるイメージの渦に飲み込まれて、ただひたすら吐き出すような絵しか、描けないのかもしれない。
紙くず、そんな風にも心のどこかで思っていた。

このキャンバスにも、一度描いたものの、塗りつぶしてしまった絵が隠されている。
夢はもうかなわない。だからもうこのキャンバスも捨ててしまおうかと思っていた。


馬の背中がえぐれて、子供が寝ている。
このイメージが湧いてきたとき、キャンバスに描けるな。そう直感した。
なん十年もかけて、やっと準備が整った、それは本当に何気なくやってきた。

描きつづけながら、やはり他のイメージも湧いてきて、なのでもう二枚、平行で描くことになった。

この絵がいい絵なのかは分からないし、吐き出すような絵も、必要だけれど。
何日も、その憧れとともに居れたような、幸せな時間を、やっと受け取れて良かった。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tanpopoou.blog15.fc2.com/tb.php/883-f3ed4cd7

トラックバック

コメント

[C86]

よい絵です。
もっと前向きに生きていこう、
そんな気持ちになってきます。

[C87] Re:

ありがとうございます。嬉しいです。
  • 2015-06-24 08:37
  • わたなべいくこ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

tanpopoou

Author:tanpopoou
わたなべいくこ (ikuko watanabe)
絵描き、時々布作家

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。